these days

とりとめのない日記

お好み焼き

今日は一歩も家から出ておりません。出なくていいように昨日のうちに買い物も済ませた。

 

昨日のオット家族とのごはん、楽しかったな。予約1時間前に義母から連絡があり、おばあちゃんの誕生日当日だということを知って、近くの花屋さんでブーケを作ってもらい、なんとか渡すことができた。 おばあちゃんに似合う、暖かい色合いのきれいなブーケ。料理がとっても上手で、心も体もお若いおばあちゃん。自分もこんなふうに歳を重ねれたらいいなといつも思う。

友人のだんなさまのお店の料理も美味しくて、みんな終始笑顔で過ごしていたのを見て、嫁も一安心。出来ない嫁、わたしは『気持ち』で勝負です。『好き』って気持ちで接していたら、その感情は確かに伝わるだろうし、それってどんなときも一番大切なことな気もしてる。行動が足りなかったり、言葉が足りないことはあると思うけど、その気持ちが伝わってれば今はそれでいいのかなと。非常に甘い考えだけれども。

帰り道、オットが「きみは豊臣秀吉やね」と。「おれは織田信長」とも。んー、わからなくもないかな?

 

今日の夜ごはんはお好み焼き。小さなのをいくつも作って食べる。ホットプレートも小さいし、色んなトッピングもしたいし。

f:id:luomu1212171:20170625192102j:image

左がオットで、右がわたし。

服やインテリアなどのデザインはシンプル命で、とにかくこだわり屋のオットがこんなお好み焼きを作るなんて信じられない。ほんと、なんじゃこれ。

広告を非表示にする