these days

とりとめのない日記

うっかり昼寝

 

少し目を瞑っているつもりが、二時間ほど眠ってしまっていた。目が覚めた時、朝だと思って慌てる。時間軸が曲がったような、わたしがタイムワープしたのか、そんな気分になる。幼い頃もよく、昼寝から目が覚めて、ランドセルの準備をした記憶がある。そして家族の笑い声で本格的に目が覚めていったような。

 

昨日読み始めた『オリーヴ・キタリッジの生活』は昨晩、寝る前に読み終えた。夢中になって読んだ。お風呂上がり、気持ち程度の化粧水をつけ、髪を乾かし、すぐにまた本を読みはじめたわたしを見てオットは「もう本読んでるの?しかももう読み終わりそう。すごいね。」と。何度も、しつこいくらいに褒めてくれた。褒められたのがうれしいというより、本を貪るように読む行為を褒めるというそのオットの感覚が好き。こんな人と結婚できたことは、本当にありがたいことだなと思う。この幸福でしかない気持ちをひとり、じっくり味わった。

 

本の主人公のオリーヴ・キタリッジはわたしの頭の中で何故かアンジェリカ・ヒューストンだった。(アダムスファミリーのお母さん!)そしてその夫のヘンリー・キタリッジ(特に物語の終盤頃)はNHKきょうの料理の後藤アナウンサーなのだ。不思議すぎる。しかし自分の頭の中のことでも、自分でコントロールできないのです。

明るい、ほのぼのとした、とある小さな村の話と思って読んだら、意外と暗い気配のあるストーリーで驚いた。というより人々の日常を描きつつ、ダークサイドな部分を書き出した物語というのかな。しかしみんな必死に生きている。自分の人生を生きている。登場人物がごちゃごちゃになりながらも止まらずに読み進んだので、またじっくり読み直したい本でもある。

そしてこの小説にはドーナツと言う言葉がよくでる。ダンキンドーナツ。食い意地のはっているわたしはドーナツが食べたくなる。  

 

f:id:luomu1212171:20170629162458j:image

ミスタードーナツに寄って、小説の人々が食べたであろうドーナツをチョイスして買ってきた。お供にはコーヒーと、今日から読む本と。

『リトル・シスター』/レイモンド・チャンドラー

レイモンドチャンドラーはこの作品を駄作と言ったらしい。しかし村上春樹は「愛おしい作品」と呼んでいる。なので村上春樹を信じて借りてみた。マーロウシリーズはロンググッドバイに続いてまだ二作目。一時間ほど読んで、夜ごはんの準備にとりかかろう。