these days

とりとめのない日記

ひとり映画

急にオットが大分市内で開催される設計士さんたちの展示のオープンイベント?に行きたいと言い出し、わたしには近くのショッピングモールで映画観てなよ。と。

尊敬する先輩Oさんも展示してるし、大学時代の友人Dくんもスタッフとしているらしい。わたしも大好きなひとたちなので会いたかったな。

わたしは自分が好き!面白い!と思えるひとにはどこまでも人懐っこい。オットの仕事関係の人たち、大学の友人たちは面白い人が多くて、もっと話してみたいと思える。しかし地元の友人たちとはなかなか仲良くなれず。集まりに参加しても和気藹々には程遠いと実感するばかり。これからなれるといいな。

映画を観るとなって公開中の作品であまりそそられるものはなくて、カフェで本読んでるよ。といったのだけど、なぜか夫のゴリ押しで「帝一の國」を観ることに。

結果、観てよかった!すっごく面白かった。ぐんぐん引き込まれて最後は前のめりで観てた。

f:id:luomu1212171:20170705100233j:plain

鑑賞しながらBEN&JERRY'Sのアイスも食べれた!ハーゲンダッツよりだいぶ好き。

そのあとはスタバでお迎え待ち。

f:id:luomu1212171:20170705100259j:plain

カフェイン摂取しすぎな気がして、ほうじ茶ティーラテ。一人で暗い、暗い外を見てたら、自分の中から”静けさの喜び”ものがじわじわ滲み出てきた。”静けさの喜び”は言葉であり、状態なんだと思う。それらをしっかり、たっぷり感じた。半分も飲む前にお迎えが来た。

 

 

 

広告を非表示にする