these days

とりとめのない日記

ラングドシャ

 

今日、コーヒーを買いに寄ったセブンイレブンラングドシャクッキーを買った。

ラングドシャってなんであんなに美味しいんだろう。ヨックモックや白い恋人ラングドシャにハズレはない。

数年前、県立美術館のカフェでクレミアを食べたとき、衝撃すぎて黙りこんでしまった。そして、これはここでしか食べられない特別なソフトクリームなんだと思い込んでいた。それくらいスペシャルだった。

その後、色んなとこで売っていることがわかり、もちろん食べた。けどクレミアは2回食べたら満足してしまった。

家に個包装のラングドシャクッキーがあるといい。おやつに食べるのにちょうどいいし、急な来客時のお茶請けにもなる。

いままで生きてきて、ラングドシャが嫌いな人に出会ったことない。ラングドシャってすごい。もしかしたら、昔のわたしはラングドシャみたいになりたかったのかもしれない。