these days

とりとめのない日記

ポイントカードと漫画

 

いままでお店のポイントカードなんて作るのは苦手で、お気に入りのお店以外は使ってなかった。(特に食料品店など)

しかしふたりで暮らしを始め、家事をするようになって四年目の今、やっと、ポイントカードの実力を知ったのである。ポイント5倍とか、10倍とかってすごいんだね。買う予定のものがあったらその日を狙って買うといいんだね。

わたしもすっかり主婦思考になってきたもんだ。

けどやっぱりカードは増やしたくないな。よく行くところだけにしよう。

 

あなたのことはそれほど』最終回だったけど、どうなんだ、あれ。原作読んでみたいな。というよりいくえみさんの漫画読みたいな。『バラ色の明日』とか『愛があればいーのだ』とか『君の歌がある』とか。小学生のころ何故か家にあって何度も繰り返し読み返した。いくえみさんの漫画は小学生ながらにも強烈に惹きつけられた。

漫画と小説になるけど、江國香織の世界と近い気がする。勝手にそう感じてるだけ。空気とか。線の細いかんじとか。

他の漫画は『ちびまるこちゃん』とか『あさりちゃん』とかギャグ漫画系も大好き。ぼろぼろになるくらい読んで、どっかに行っちゃった。母親も漫画好きだったので、古本屋とかでまとめ買いしたりしてたな。懐かしい想い出。

 

揺れて、鳥たちがずっと鳴いている。

父の日のよる

 

実家の父には扇子を。義父には、よなよなの里のビールセット父の日仕様を(これがかわいい!)渡しにいって、義実家でご飯。

お酒は飲まないつもりだったけど、自家製の梅酒を頂いて、ビールも飲んで、くらくら。

お義父さんの新しい車をはじめて見せてもらったけど、想像以上にかっこいい車でびっくり。テンション上がって、ドライブ連れてってください。みんなで行きましょう。って言ったら二人乗りだそうな。けど乗っていいよと言ってくれたのでいつかオットとドライブできるかな。

 

週末はオットの妹が神戸から帰ってくるので、みんなでご飯に行く予定。遠くに暮らしていて滅多に会わないからなかなか仲良くなれないけど、そのうちお互い慣れてきて自然と仲良くなれるといいな。

 

義父のプレゼントは楽しみながら選べるけど、実父の方は最後は苦しみながら選ぶ。気難しくてこだわり屋でなかなかやっかいなのです。それでも渡しに行ったとき、嬉しそうだったな。

実父も義父もよろこんでもらえてよかった。今年もふたりとも元気でよかった。

 

月曜日、今日のご飯は秋刀魚の大葉ロール、なすとピーマンの味噌炒め、いんげんのごま和え、お味噌汁。

うちキッチンは西陽が入るけど、これからの季節は少し強すぎて、その時間に料理できないほど。すだれを買おうと思いながらも買わないまま今日に至る。明日こそ買おう。明日こそ。

 

 

バスケット

 

甥のバスケットチームはとにかくみんなかっこいい。最近の趣味がバスケット観戦になっている。今日の試合に少しだけ甥が出させてもらってたけど、シュートは惜しくも決まらず。シュート打てるようになっただけでも進歩だなぁ。

しかし甥は恵まれている。なんだかみんなに愛されてて、可愛がられて。あのマスコット感がそうさせるのかな?たくさん愛されてるんだから、その愛をみんなに返してほしいな〜。そうゆうふうに大きくなってほしい。

今日は地元の大会だったから昔勤めていた幼稚園の頃に知り合った子どもたちにもたくさん会えた。懐かしい日々が蘇る。ぐるぐる。

みんなかわいくて、パワーに溢れてて、子どもたちって神さまみたい。話せば話すほど元気もらえるなぁ。

姉の家に戻り、姪と一緒にクックルンのレシピでくす玉ゼリー?を作る。明日の父の日のプレゼントだと。砂糖とか色々適当にいれてしまったけど、美味しくできていることを祈ろう。

 

あぁ足が浮腫んでつらい。青竹踏みでもするか。

カラダを整える

 

近頃あらゆるときに感じる体の変化。肌の変化。歳を重ねるとは面白いなぁと思う。生きてるってゆう実感も湧く。

しかし目の下のシミは気にいらないなぁ。

 

漢方のお店に行ってきた。もともと冷え性もひどくて、月経周期が平均より3、4日長いのも気になって。小さなお店に漢方薬と本たちがぎっしり詰まっていて、そしてすばらしく美しい瞳をしたおじいさんがひとり、ちょこんと座っていた。色んな悩みを話し、おじいさんがアドバイスをくれ、色んな漢方を飲ませてくれた。面白い話もたくさんしてくれて、なによりおじいさんと話していると心が落ち着いて、とろーんととろけそうなほど緩んでくる。

 f:id:luomu1212171:20170615155256j:image

相談して『婦宝当帰膠』を一ヶ月飲んでみることにした。冷え性や生理不順にもいいみたいなので楽しみである。オットにも試供品の漢方をくれたので、元気になるといいな。

それにしてもなんだかとても信頼できるおじいさんだったな。こことは違う漢方屋さんに前に一度行ったけど、そこのおじさんの雰囲気が合わず、それっきりになったっけ。だから信頼できるお店、人に出会えてよかった。ほんとうにすばらしく目が綺麗だし。

 

今日は肉じゃが。

愛すべき、本の虫たち

 

『書店主フィクリーのものがたり』

タイトルの通り主人公の本屋の店主A.J.フィクリーの人生を描いたストーリーなのだけど、とにかく登場人物がみんな愛おしい。本が好きな人たち。ぜんぜん完璧じゃない人たち。盗みもするし、浮気もしちゃうし、子供を置いてこの世を去ってしまったり。それでも心の底が透き通っててきれいな色をしていそうな人たち。

 

色んな悲しいことも起きるけど、いつも愛がある。誰かによる愛が、誰かの悲しみをいつも癒す。読んでいて悲しくて悲しくても涙がでても、その涙は愛による涙、心があったかくなってこぼれ落ちる涙だった。

いつだって本と愛が人々を繋げてて、ぐるぐる少しずつその愛が大きくなっていく。

 

とっても大好きな本。

 

ひとり飯

f:id:luomu1212171:20170609135047j:image

炊きたてご飯にかつお節とネギかかて醤油かけて食べた。(おいしいっ!)そんなひとりのお昼ごはん。

 

水曜日にオットのミニクーパーのお迎えに行った帰りに県立図書館に寄ってもらった。地元の図書館で返却できるので本当にありがたい。

今読んでいるのは『書店主フィクリーのものがたり』読むのは二度目。好きな本は何度も何度も読みたくなります。好きだけど読み返せない本もあり。村上春樹の『ノルウェイの森』なんてまさに。。

 

小出恵介、あーあー。残念ですね。

パジャマとオアシス

 

f:id:luomu1212171:20170605105556j:image

パジャマは毎日は洗わないので窓際のココに干す。日も当たるし、窓を開ければ風も入る。3日くらい着て、洗う。毎日せっせとパジャマを洗う人間になりたいと思ったこともあるけど、わたしはならなくてよかったんだと思う。

 

さっきTwitterにアリアナグランデのマンチェスターでの追悼コンサートの情報が流れてきた。わたしの愛するバンドoasisのフロントマン、リアムギャラガーが出演したとのこと。Live Foreverの時にはコールドプレイのクリスもステージに!

リアムはむかし、クリスのことを地理の先生みたいだとか、ひどいこと色々言ってたけど。とにかくクリスってほんとにいい人っていうか人格者なのかな。

リアム作詞作曲のsongbirdのことも、ものすごく褒めてたような気がするし。ふたりが共演してるの見れてよかった。

それにしてもリアム、声でてる。見た目もかっこいい。

ノエル(兄)とも再びステージを共にする日が来る気がするなぁ。いつもノエルの悪口ばっかりtweetするのに、ノエルの誕生日には愛のこもったお祝いメッセージあげてたし。かまってちゃんのリアムだけど、だけど、リアムギャラガーはいつだって最高なんだな。

新しい曲たちも楽しみ。

おやつ食べて、姪を歯医者に連れてこ〜。もちろんoasisを聴きながら。

 

水無月

 

f:id:luomu1212171:20170601100507j:image

新しい月のはじまり。とらやのカレンダーはとにかくお気に入り。中津の丹羽茶舗さんで買いました。

昨日はミニクーパー大分市内まで走ったけど、風が気持ちよくて、ユーチューブ流しながらふたりで歌ったり。いつものドライブより会話も多くて楽しかったな。

わたしの車もそんなに新しいわけじゃないので、運転中はテレビもDVDも見れない。それがいい。運転中は歌ったり、しゃべったりしたいんだな。

けど、子どもが居たら話は違うのかな?

ミニクーパーの車検は一週間ほどで終わるらしい。

図書館の本を返して、まだ借りてないので家にある本を読む。そんなときは本の部屋にいって、本たちを眺めて、手にとって、選ぶ。自分の心によく、よく、聞いてみる。この時間って特別だなぁ。

自分のいまの気持ちがわかって楽しい。「へー、こんな気持ちなのね」っていつも驚かされる。自分に。

今回はよしもとばなの『ジュージュー』。読み進めて、わかった。この本を選んだ理由。この本が選ばれた理由。わたしがいま、求めてたことが目に飛び込んでくる。どんどんどんどん。

いま、読むべき本だったんですね。ありがとう内側の自分。

わたしはよく、昔から灰色(グレー)、よくない色、曇ってる、内側、などなどの言葉をなんとなく口にだしてた。すべて感じたことで。

親や周りからは、よくわからないと思われ、言われ続けたけど、よしもとばななの本をはじめて読んだとき、いい意味でびっくりした。そして本当に救われた。同じように感じる人はこの世界にはきっとまだまだたくさんいるんだって思えて、とても安心したのを覚える。

 

近頃は海外小説ばかりで、最近の本は読めてなかったりするけど、やっぱりよしもとばななの世界はわたしの落ち着く場所だなぁと思う。

 

6月はどんな月になるだろう。とにかくお腹減ったなぁ。