these days

とりとめのない日記

1/16日のできごと

 

f:id:luomu1212171:20190116180130j:image

マリエン薬局のハーブティーとレスキューオイルが届いた。年末に注文して到着を楽しみにしていたので、無事に届いて良かった。

ハーブティーは香りが濃くて、美味しい。これのおかげか、夜も体が冷えにくかった気がする。それにパッケージも好みなので、見るだけで癒されるところもいい。

レスキューオイルは一本あると便利かな?と思って。使うのが楽しみ。

.

今日から読み始めた本はパトリック・モディアノの「さびしい宝石」。

フランスではモディアノ中毒という言葉があるほど人気なのだとか。いい読書ができそう。

.

今日はオットに少し怒られた。そして心配もされた。怒られた理由は、わたしがお気楽思考過ぎるから。心配された理由は、わたしが全く動かないから(そんなつもりはない)。

少し気をつけてみようかな。自分で思っているよりずっと ぼうっとしてるんだなぁ。

 

成人式が9年前だなんて

f:id:luomu1212171:20190115220002j:image

床に座って本を読む。図書館で借りた、江國香織の「金平糖の降るところ」はすごかった。

思わず読み終えて、パタンと本を閉じて「なんて話なんだ」と呟いてしまった。

江國さんの小説は大好きで、何度も繰り返し読んでいる本も多い。なので"江國慣れ"していると思っていたし、免疫もあるはず。

しかしこのストーリーには驚いた。面白い、面白くないじゃなくて、本当に「なんて本なんだ!」という感じなのだ。

.

友人から「成人式が9年前。。」とLINEが来た。二十歳の頃のわたしは化粧も濃くて、ギャルっぽくて、そしてひどく痛々しかったな。何にも考えないようにしていながら、深く傷ついていたし。

その次の年に自分と向き合わざる終えなくなって、そして全てががらりと変わって、オットとも出会えた。

そう考えたら、二十歳頃の自分が居たからこそなのかな、とも思えてくる。それにしても二十歳過ぎたら早いってほんとなんだね。

.

111の日

 

 

今日は義父の誕生日なので、スポーツショップでプレゼントを買って渡しに行ってきた。この三連休でマラソンを走るらしいので、ランニング用の手袋を。

鏡開きってことをすっかり忘れていたけど、義母がぜんざいを出してくれた。食べれてよかったぁ。手作りの甘さ控えめのぜんざい、美味しかったな。

 

夜ご飯は、ほうれん草と豚肉とお豆腐のお鍋。豚肉はかなり薄めの肩ロースがすき。お豆腐も、このお鍋のときはお気に入りのを必ず。

かぼすやだいだいにカトレア醤油が基本のタレ(柚子胡椒プラスしたり)だけど、このときはゴマだれも作っておく。シンプルなお鍋だけど最高においしい。

ミルフィーユ鍋が人気だけど、そしてわたしもそれを好きだけど、ほうれん草と豚肉は白菜と豚肉以上の相性なのでは?と思ったりする。

 

今日、図書館に行って本を借りようと思ったらカードが無い。再発行をお願いするのに名前を書いたら「先日 自動貸出機の下に落ちてたみたいです」とカードを持ってきてくれた。

オットは良かったねと言いながらもやれやれ顔。カード、ちゃんとお財布にしまったはずなんだけどなぁ。まぁ戻ってきてくれてよかった。

 

f:id:luomu1212171:20190111222539j:image

この前借りた「エヴリデイ」はとにかく装丁がかわいい。部屋に飾りたいくらい。

2019ねん、出だし良好

 

今年のお正月は、大好きな友人たちと久しぶりに集まることができた。4人で会えるのは何年ぶりなんだろう?

このメンバーといるときの自分は安心しきっている。全脱力で、そのまんまで過ごせる。わたしには貴重で特別な存在。この3人と出会えて、仲良くなれて本当によかった。

この人たちとなら場所はどこでもいい。お出かけしなくてもいい。公園のベンチに缶コーヒーでも、きっと何時間だって笑いながらしゃべり続けることができるだろうな。

f:id:luomu1212171:20190106210606j:image

そんな3人に、今ハマってるアロマワックスバーをプレゼント。それぞれをイメージして作ってみた。

オットにどれが誰だと思う?と聞いたらバッチリ当てたので、雰囲気は合ってるかな。みんなよろこんでくれたので良かった。ほっ

 

さて、2019年ものんびりまったり暮らしていきたいです。今年もよろしくお願い致します。

 

気がつけば年末

 

12月が、いや2018年が終わるのか。12月は楽しいことが沢山であっとゆうまに過ぎてゆく。

f:id:luomu1212171:20181230142428j:image

誕生日は美術館へ。29歳になりました。

f:id:luomu1212171:20181230142424j:image

オットの希望によりTOTOミュージアムにも。このカタチ、、。しかしとっても好きだな、ここ。

f:id:luomu1212171:20181230143225j:image

この間は家族旅行にも。(実家メンバーで)

この海見てたらオザケンが浮かんでくる。「さよならなんて言えないよ」のあの歌詞が思い浮かんだ場所もこんな景色だったんじゃないのかな?とか。

チュートリアルの徳井さんが2018年に一番聴いた曲がアルペジオだと言ってて、びっくりした。そしてわたしもこの頃リピートしている。

f:id:luomu1212171:20181230160409j:image

最近のはまりもの。これを作るときはオザケンでも、ビートズでもなく、なぜかBillieMartenなんだな。

 


Billie Marten - Live

 

暖をとりまくる

f:id:luomu1212171:20181210202923j:image

ここ数日でしっかり寒くなってきた。冬はこうじゃなくっちゃ。といいつつも ブランケットを掛けて、ヒーターの横で寝っころがり続けている。思う存分ごろごろする為に、分厚い本を図書館で借りて来た。

そんなわたしを見て、オットは「やっぱりぐうたらしてる姿が一番似合う」と毎日言ってくれる。もしかしたら嫌味かもしれないけど、とりあえず良かった~。

もし、もし、怒られたときの言い分は用意してある。「冬はじっとしてるのがいいって何かで見たよ。」とわたしはオットに言うのだ。

 

2018/12/06

 

12月は一番好きな月。誕生日月だからか、クリスマスや年末があるからなのかわからないけど(どっちもかな)ずっと気分が浮かれている。

 

今日は1113でランチ。

f:id:luomu1212171:20181206220806j:image

美味しくて美味しくて、いつも食べるのが遅いわたしが早食い気味だった。こんなにもぱくぱく食べれるのはなんでだろう。

3人の大好きな人たち。ほんっとうに素敵な人たちで、こんな御三方に仲良くしてもらえるなんて、わたしは幸せ者。と只今じわじわ感じ中。

なんて言うんだろう、いい影響受けまくりというか。例えば、たわいもない会話からも得ることが沢山ある。有り難いなぁ。

 

相変わらず最近も図書館に通っている。

f:id:luomu1212171:20181206215130j:image

この本、好き。大好き。文章のリズム感も好きだし、物語のラストも好き。オットも「この絵きれいやね」と思わず手にとっていた。そう、わたしもこの絵が大好き。

f:id:luomu1212171:20181206215351j:image

わたしもお茶とビスケット片手に読書するの好き!と勝手に共感。そしてひたすら読みまくるエリザベスさんの生活に憧れる。
f:id:luomu1212171:20181206215355j:image

本の上に猫さま。

これは図書館本なのだけど、この絵本は手元に置いておきたいな。

温泉旅行


11月が終わる頃、オットと別府の杉乃井ホテルへ行った。

子どもの頃、家の仕事上なかなか旅行には行けなかった。行けるのは仕事関係の旅行で、その宿泊先がほぼ毎年のように杉乃井ホテルだった。なのでわたしにとっては慣れ親しんだ、楽しい楽しい思い出の場所。

 

眺めの良い温泉にはいって、ひたすらぼーっとした。そしたらものすごく幸せなこの瞬間にも存在している、自分の不安や心配ってあるのかな?って考えはじめちゃって、のぼせてしまった。

けど心のクリーニングでもしたみたいに清々しくなった。なぞのもやもやが消えた感じ。

お風呂上がりにパウダールームで髪の毛を乾かす。はじめは隣には誰もいなかったのに、ふと鏡を見たときには、綺麗なおばあさんが隣に居るように写っていた。

いつのまに来たんだろう。と隣を見てみたら誰もいない。鏡を見るとおばあさんはいる。隣を見るといない。幽霊かなぁ?と思っていたら おばあさんは立ち上がって歩いて行った。

本当にびっくりしたのだけど、鏡に写ってたんじゃなくて、隣に居るんでもなくて、ただわたしの斜め向かいの席に座っていたおばあさんだった。なんてアホなんだろうと改めて思った。

f:id:luomu1212171:20181205135620j:image

アクアガーデンの噴水ショーもなかなかきれいだった。寒くてぶるぶる震えながら見た。

 

朝の温泉は、空気が澄んでて別府湾がきれいに見えて最高だったな。お風呂上がりにフルーツ牛乳を飲もうと思ったけど、名前が違ったので飲まなかった。絶対味はフルーツ牛乳なのに。

 

オットもリフレッシュできたみたいでよかった。「まだ無理やけど、いつかキミの家族全員連れてけるように頑張るよ」なんて言ってくれて、優しいなぁと思ったのでした。