these days

とりとめのない日記

試験前日の夜

 

晩ごはんはカツ。ヒレカツとキャベツどっさり。母がくれた、よくわからない蟹も。

オットがスイカジュースが飲みたい!というので、ひたすらカットして、種をとって作った。種をとるという作業がめんどくさいけれど、出来上がりを飲むと、その美味しさに、あのめんどくささは一瞬で忘れてしまう。

f:id:luomu1212171:20170722214429j:image

スイカジュース。甘くて、ジューシーで、なんだかエキゾチック。塩をひとつまみ入れてみるのを忘れてしまった。

わたしには色々お告げ的なものが降ってくるので、それをこなしている。たとえば部屋にある観葉植物に添え木をする。だとか。

今日の昼間、バスケの試合を観に行っていて、昔を思い出した。わたしは声を出して応援するというより、祈ったり、念じたりしていたなぁと。そして今もそうだなぁと。

なぜか宗教的と言われ続けた所以はこれなのかな。

試験前日、オットはもちろん緊張している。心と体がばらばらになりかけているから、要注意。わたしにできることはしようと思う。けど、今は見守るとき。 

そろそろ熱いくらいの紅茶とお菓子をひとつ出す頃かな。

夏休み突入

 

さっそく甥っ子がやって来た。今日のぶんの宿題を終わらせ、読書タイムをとらせて、今はもうパソコン独占中。Netflixウルトラマンゲゲゲの鬼太郎など観ている。

わたしはその間に本でも読もうと思っても、一緒に観ようと口説かれるので読書はできそうにないな。そんなこと言ってもうれしい叔母。

四年生になって、体も大きいけど、いつまでもかわいいものなんだな。甥っ子や姪っ子って。

今から黒子のバスケを観るんだと。出してあげた、チョコチップアイスチョコソースがけが信じられないくらい美味しいんだと。

もう甥や姪と夏休み楽しみまくるしかないな。

なぜか忙しい

 

仕事をしていないのに、色んな用事があって、意外と忙しい。なので最近、ゆっくり読書もしていないし、映画も観れていない。なんでだー。

今日は車のトランクの下に水が溜まっているのと、スピーカーがおかしいことに気づいてディーラーへ。トランクの部分は修理してもらったけど、スピーカーはまた今度かな。オットの車も修理行かないと行けないし、車の出費が止まらない。(車税、車検、修理、、)

それから買い物に行ったりして、今帰ってきて、色々茹で中。今日は鶏肉焼いたのと、とうもろこし茹でたのと、アボカドとゆで卵のサラダと、おくらの胡麻和え。あとなんとなく、刺身こんにゃく。

夜はゆっくり本読みたーい。そして暑い。

こんなときはスイカ!

きょうの図書館

 

オットは今日、明日と二連休。といっても勉強の為なので一歩も家を出ないらしい。

昼過ぎにひとりで図書館へ。わたしが行くコーナー(海外小説)は、おじさまだらけ!立って本を読みながら後ろの本棚に寄りかかってたおじさまの雰囲気がかっこよくて、こんな風になりたいとさえ思った。普通に生活してても絵になる人っていいなぁ。

海外小説三冊と、それともう一冊。新田次郎の『アラスカ物語』を借りた。アラスカに行ったときにお世話になったツアー会社の方が教えてくれた本。ずっと心にはあったけど、やっと読む時がきたのね。という感じ。

今日の(も)図書館は色んなおじさまの匂いで満ち満ちていた。整髪料の匂い、高級そうな香水の匂い、汗の匂い。外の暑さを忘れさせてくれる、涼しい図書館はみんなの憩いの場所でもあるんだなぁ。仲の良さそうな夫婦がたくさん相談しながら本を選んでいて、楽しそうだった。

帰り道にスーパーに寄ると、甥の友達たちが女子を追っかけ回していた。気づいてないかもしれないけど、それはきっと恋なんだよ。

家に帰って「勉強頑張ってね のラザニア」作り。ミートソース仕込んで、ホワイトソース作って、ラザニア茹でて、汗だく。

f:id:luomu1212171:20170712201537j:image

わたしにとって幼い頃からずっと憧れの料理であるラザニアがオットの大好物っていう一致はとても幸福。

f:id:luomu1212171:20170712201640j:image

何度も「美味しい」「やる気がでてきた」と言いながら食べてくれました。二人で四人分をぺろっと平らげた。

あと10日間で100時間勉強すると決めているオット。できなかったときはディズニーランドへ連れってくれるらしい。

ディズニーランドは特に”わたしの行きたい場所”ではなくて、オットの”なるべくなら行きたくない場所”なのです。とにかく頑張れ〜

アラスカ日記 11.24 ついに到着

 

アンカレッジに向けてシアトルを出発 !Thanksgiivingで空港も機内も賑やか。左隣には家族連れがいて、子供がかなり泣いている。折り紙で鶴と手裏剣を作って渡したら、余計泣き出した。優しそうなお父さんがかなり気まずそう。いやわたしも気まずいよ。

右隣にはおじさまが。わたしが窓の外の景色を見て感動していたら話しかけてくれた。

f:id:luomu1212171:20170707110153j:plain

ここはコードバ(Cordova)だと教えてくれた。地図を使って自分がどこに住んでいて、なぜアラスカに向かっているかなど(きっと)、いろいろな話をしてくれたけれどほとんどわからなかった。英語が話せなくて悔しいことばかり。

それでも到着までなんやかんや話しかけてくれたおじ様、ありがとう。

f:id:luomu1212171:20170707112101j:plain

 アンカレッジ空港から見える景色。もうすぐ日が沈みそう。

f:id:luomu1212171:20170707112149j:plain

ムース発見!

乗り継ぎの場所がわかりづらくて、二人で四苦八苦。スタッフもあまり見当たらずで本当に困った。それにしてもなぜかアンカレッジ空港の雰囲気、少し苦手でした。 

無事に飛行機に乗れて、アンカレッジ空港とおさらば。帰りはフェアバンクス→シアトルなので寄らないから。機体は小さくて、よく揺れた。はしゃいでた女子たちがお酒を飲みすぎて、ゲーゲーなってた。あれははしゃぎすぎだぞ。そりゃ気持ち悪くなるさ。

そんなことばかりに気を取られていたら、ついに!フェアバンクス到着!

f:id:luomu1212171:20170707202135j:plain

 

f:id:luomu1212171:20170707202148j:plain

空港は小さいけれど綺麗でかわいい。フェアバンクスでの旅、いい予感しか感じない。素晴らしい体験がわたしを待ってる。ずっとそう信じてた。

 

f:id:luomu1212171:20170707110546j:image

オットがフィルムカメラで撮ってくれた。at Anchorage International Airport

 

反省

 

眠いときと、お腹すいたとき機嫌が悪くなる癖を直したい。

他人にも他の家族にも八つ当たりしないし、唯一オットにはできるから。とも思うけど、それじゃあオットがかわいそうだもんね。

 夜ご飯は春巻き作ろう。きっと好きなはずだから。きっと!そして次のオットの休みの日にはラザニアを!

f:id:luomu1212171:20170707103001j:image

家事も終わったし、デスパレートな妻観てる。

湿度80%って何なのかな。もはや水中にいるほうがいい気がしてくるよ。

雷で眠れぬ。

 

頭上のカーテンの隙間から入る雷の光が眩しい。そしてそれに続く大きな音。雷はどうも苦手です。何かのバランスがおかしくなってるかな?と思うほどの嵐の日。被害が大きくなりませんように。

 

最近とても読書が捗る。図書館で借りた本は四冊目に突入。

f:id:luomu1212171:20170706200654j:image

いい読書にはおやつも大事。ルマンドのアイスおいしい。ブルボンのお菓子ってだいすき。なんだかちょっとお洒落で、上品。(って小学生の頃から思ってる)遺伝子組み換え使用しないってとこでさらに好きに。

今日は甥と姪が我が家に来てるので賑やか。しかしNetflixさまさまだな。

 

ひとり映画

急にオットが大分市内で開催される設計士さんたちの展示のオープンイベント?に行きたいと言い出し、わたしには近くのショッピングモールで映画観てなよ。と。

尊敬する先輩Oさんも展示してるし、大学時代の友人Dくんもスタッフとしているらしい。わたしも大好きなひとたちなので会いたかったな。

わたしは自分が好き!面白い!と思えるひとにはどこまでも人懐っこい。オットの仕事関係の人たち、大学の友人たちは面白い人が多くて、もっと話してみたいと思える。しかし地元の友人たちとはなかなか仲良くなれず。集まりに参加しても和気藹々には程遠いと実感するばかり。これからなれるといいな。

映画を観るとなって公開中の作品であまりそそられるものはなくて、カフェで本読んでるよ。といったのだけど、なぜか夫のゴリ押しで「帝一の國」を観ることに。

結果、観てよかった!すっごく面白かった。ぐんぐん引き込まれて最後は前のめりで観てた。

f:id:luomu1212171:20170705100233j:plain

鑑賞しながらBEN&JERRY'Sのアイスも食べれた!ハーゲンダッツよりだいぶ好き。

そのあとはスタバでお迎え待ち。

f:id:luomu1212171:20170705100259j:plain

カフェイン摂取しすぎな気がして、ほうじ茶ティーラテ。一人で暗い、暗い外を見てたら、自分の中から”静けさの喜び”ものがじわじわ滲み出てきた。”静けさの喜び”は言葉であり、状態なんだと思う。それらをしっかり、たっぷり感じた。半分も飲む前にお迎えが来た。