these days

とりとめのない日記

もやもや、もや

 

やっぱり間違っていると思うことはしたくない。それにオットにもして欲しくない。

それはきっと善意なのだろうけど、わたしは全くそう感じることができない。むしろ、なんて下劣な行為なんだろうと思ってしまったのだから。

ここ数日、このとある事についてずっと夫婦ふたりで話しているし、ひとりの時も気がつくとこのことばかり考え続けている。

誘惑があり、侮辱もある。それでもわたしは、自分の大事にしていることを守りつづける。大げさだなぁと思われていると思う。

しかしそれは間違いで、この選択はとても大切なものだと思う。ここであっち側を選ぶ人は、一生そうやって生きていくはず。わたしは自分だけの道を歩きたい。誰にも教わることはできないことがある。わたしだけの人生、オットだけの人生なのだから。

この出来事はほかの人にとっては、もしかするとラッキーなことなのかもしれない。それに"そうゆうこと"があるのが「社会」なのかもしれない。

だからわたしは社会に不適合なんだろう。けど、そんな社会なら不適合のほうがいい。長いものに巻かれるな。

 

こんな風に悲しいこともあるけど、自分のなかの美しいものを大切にして、楽しく生きよう。

 

ここ最近ずっと頭の中がこんな感じなのです。

感情の部分しか書くことができので、意味不明の文章だけど、書くとすっきりする。心が落ち着いてゆくのがわかる。

はぁ〜。ブログの存在が非常にありがたい。

 

 

本と昼ごはん

 

f:id:luomu1212171:20180114233724j:image

夜までは一歩も外に出るつもりがなかったので、家にあるものを食べる。豚バラを茹でてあとはある野菜と一緒に食べた。

そして今読んでいる、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」/村上春樹 

これが面白くて、もう一度読み返している。あとはあなたの想像にお任せします、ってそうゆわれてる感じ。好きだなぁ。

はっきりとわかりやすいラストが好きな方は、もやもやするのだろうけど。

わたしは魅力されまくりで、読み終えたばかりなのに再び読み直している。

この本は読み応えがある一冊だと思う。今回読み終えたとき、わたしはどう思い、感じるのだろう。前回とは違うかな。ただただそれが楽しみ。

 

夜は同じアパートに暮らしていた友人夫婦たちと焼肉へ。みんな大人になっていくのだなと、そう思った。入り口近くの席で、寒いなかビールを飲みつつ、そう思ったのだ。

この日の為に

 f:id:luomu1212171:20180110141806j:image

マーガレットハウエルのセールへ。この日のために、百貨店積み立てをこつこつしてきたのだ。

 マーガレットハウエルの洋服流行り廃りのない洋服ばかりだと思うので、セールのものでサイズがあれば最高。

f:id:luomu1212171:20180110141750j:image

ことしの冬はいい買い物ができました。また一年積み立てよう!

しかしどれも形がきれい。生地の感じ、手触りも良い。見ればみるほど、着れば着るほどに、良いものは良いんだなぁと実感するばかり。

といってもタートルネックやインナーなどはユニクロや無印のものを買い揃えていて、毎日のように着ている。

それはそれ、これはこれ、でいーのだ。

窓の外を見たら雪が。積もるかな?

 

美味しいものが食べたい

 

買い物へは行けない(行かない)けど、ちゃんとご飯がたべたい。ここ2日お粥やうどんばかり食べてきたので、しっかり味のものが食べたくなる。

家にあるもの(ごく僅か)で作るしかないので、探して、組み合わせて、考える。

トマト缶と冷凍エビでパスタ(にんにく多め)。あと冷凍のラムチョップがあったので焼く。

f:id:luomu1212171:20180107235041j:image

切れちゃってるけど、上がラム。

病み上がりにこんな料理、とも思うけれど、胃腸は至って普通なので、素直に「食べたい」と思えるものを食べた方が元気になると思う。

食べたくないとき、食べれないときは無理して食べない。ってゆうのも大事にしている。

トマトパスタ美味しかったなぁ。赤い色の食べものって元気が出る。

 

 

 

体調不良

 

仕事はじめの5日、オット発熱。微熱どころじゃなかったので、病院に連れていくとインフルエンザA型。

咳肺炎?持ちなので咳はわりと年中でているけど、滅多に風邪はひかないし、何といっても初めてのインフルエンザらしく、とてもきつそう。

もう遅いだろうなと思いつつも、オットは寝室、わたしはリビングで就寝。

次の日には熱も下がっていて、顔もだいぶすっきりしていた。

しかしわたしは喉が少し痛くなって微熱。ハチミツ舐めながら丸一日ゆっくりして、寝て起きたらほぼ良くなってたけど、念のためにまだまだオットと一緒に引きこもり生活です。

母や義母が「何か要るのある?」と言ってくれるのが本当に助かる。こうゆうとき実家、義実家が近いといいなと思う。子供が居たりしたらより思うんだろうな。

ごはんも普通通り食べれるし、元気なのだけど、明日、明後日くらいまではおこもりを満喫する。

アメブロの「イギリス毒舌日記」が大好きで日頃から読んでるのだけど、この引きこもりを機に過去記事を遡って読んでいる。

図書館本も読みたいけれど、ブログが面白くて記事を進める指が止まらないのです。 

 

完全復活したら焼肉食べるぞ。オットは行きたいお店があるんだと!

皆さまインフルエンザにはお気をつけてください。

 

お正月デイズ

 義実家、実家とお正月の挨拶を済ませ、二人で過ごす三が日の三日目。

義実家と実家は、雰囲気から何から何まで全く違うのだけど、どちらもいいなと思う。義実家はキチンとしていて、実家はとにかく騒がしい。(甥姪もいるので更に)

三日の今日はふたりで会議。お互いの今年の目標や予定を話し、書きとめる。オットは小さな字できっちり書く。わたしは字の大きさも並びも不規則的というか。なんだか性格がでるなぁ。

f:id:luomu1212171:20180103195530j:image

会議の場所はコメダ珈琲。大好きなオースター。その中でもかなりお気に入りの「ブルックリンフォーリーズ」とカフェオレで休憩。

あっとゆうまに夕暮れどきに。

f:id:luomu1212171:20180103211429j:image

f:id:luomu1212171:20180103211449j:image

お店を出てみると空がとっても綺麗だった。

この橋を渡れば福岡県。ずっとこの町に暮らしているので当たり前だったけど、じっくり考えると不思議な感じもする。けれど、大きな川を渡って隣の県に行くって、なんだか素敵なことかも。と思ったりもする。

オットの休みもあと一日。

 

→2018

 

あけましておめでとうございます。

素晴らしい年になりますように!

 

さて、年賀状。普通は昨年の内に済ましておくものなのですが(去年は式を挙げたこともあり、済ませれた)、年を明けてからしか始めようとしない私たち。

相変わらずしっかりしてないなぁ。と思いつつも、「明けてから書くので、よりリアル感溢れる年賀メッセージが書けるんじゃないか?」と思ったりもしています。いや、そう思うしかないのです。

かなり遅く届くけれど、しっかり気持ちを込め書こう。

 

今日は昼からオットは元日サッカー、わたしは明日東京へと帰る友人と初詣へ。地元の神社は出店が少ないし、隣町の神社は渋滞が凄い。さて、どうしよ〜〜。夕方からは義実家へ。

 

では行ってきます。まずは素晴らしい一日を。

 

大晦日の夜に

 

今年は一年は振り返らず、未来を語らう夜にする。そして義実家では過ごさない大晦日。三年ぶりかな。

お刺身、ローストビーフ、お菓子にワイン。賑やかな雰囲気のスーパーで、好きなものをたくさん買った。久しぶりの二人で過ごす大晦日を楽しもう。(義実家では見ないガキ使を見たり!)

ここまでは夕方書いていた文。 

オットがリモコンを握り離さない。チャンネルがどんどん変わってゆく、わたしは付いていけない。いつも苦手だけど、今日は特別。紅白に格闘技にガキ使、どれも見たいもんね。

来年はどんな年になるだろう。夢に向けて、小さな一歩でもいいから踏み出そうと思う。

想像するだけで、、色々と環境が変わる年になるだろうな。ものすごく楽しみ!

あとは平和を願う気持ちでいっぱい。心の底から。

色んな(茶色やグレーのもの)を感じずにはいられないこの世の中。そんな中でも光を見つめて、まっすぐに進んでいきたいです。

 f:id:luomu1212171:20171231204841j:image

こんなブログを読んでくれてありがとうございます。たいしたことは書けないのだけど、やっぱりわたしは書くことがとても好きみたいです。(大切にしたい気持ち)

2018年もどうぞよろしくお願い致します。